Unipos公式サイトへ

ウェビナー概要

テレワークの導入が一段落し、離れて働くことが定常化する中で、部門を超えた交流が減り、一体感が失われているのではないかと漠然とした不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
物理的な距離を越えて偶発的なコミュニケーションを生み出し、コラボレーションを促すことは、部門を越えて顧客志向な組織をつくる上で、また新規事業に繋がるアイデアを生み出す上で欠かせません。
そこで本ウェビナーでは、日本電気株式会社(以下NEC)にて複数のチームを巻き込みながら新規事業開発を手掛けてきたデジタルプラットフォーム事業部エキスパートの青木氏をお招きし、NECにおける事例をもとに、テレワークの定常化でジワジワと深刻化する「部門間の分断・サイロ化」への打ち手を共に考えます。
実践的な学びをお持ち帰りいただける貴重な1時間となっています。ぜひ、皆さまをお誘い合わせの上、ご参加ください。

このような方におすすめ

  • 組織づくりのミッションを持っていて、テレワーク長期化に伴い部門同士の交流・情報共有が極端に減ってしまったことに不安を感じていらっしゃる方
  • 離れて働いていても企業として大切にしたい価値観やバリューを共有しあえている状態を維持したい方
  • 部門を越えて偶発的なコミュニケーションを生み、新しいアイデアなどが出やすい組織にしたい方
  • サイロ化が進行し部分最適な動きが増えたと感じていらっしゃる方
  • 離れて働く従業員同士を連携させて事業成長のスピードを上げたい方

プログラム

  1. 長期化するテレワーク、部門を越えた交流がないと組織に起きる課題とは
  2. NECにおけるテレワーク中のコミュニケーション活性の取り組み
  3. 今のお悩みにその場で答えるQ&Aセッション
  4. Tips:テレワークで相手と信頼関係を築くためのビデオ会議4つのポイント

参加方法・詳細

日程

2020年9月10日 10:00~11:00

登壇者

日本電気株式会社 デジタルプラットフォーム事業部 エキスパート 青木 規至氏
Unipos株式会社  代表取締役社長  斉藤 知明

参加費

無料

登壇者プロフィール

青木 規至 氏
日本電気株式会社

デジタルプラットフォーム事業部 エキスパート

佐賀大学大学院システム生産科学専攻。工学博士。
2008年4月、日本電気株式会社(NEC)に入社し、携帯端末事業の商品戦略、商品企画に従事。その後はいくつかの製品企画業務を経て、現在は新規事業開発部門にて事業企画を担当。2018年4月に、自らが企画した社内文化改革活動では、活動を支援する仲間を次々と巻き込み、2019年にはその活動が全社的にも認められ、社長賞を受賞。

本ウェビナーは受付を終了しました

【ウェビナー受付期間】
2020/9/9
(水) 17:00まで

Copyright ©︎ 2017 Unipos Inc.

定員

500名

内容は一部変更になる可能性もございます

斉藤 知明
Unipos株式会社
代表取締役社長

東京大学機械情報工学専攻。学業の傍ら株式会社mikanにて、CTOとしてアプリ開発・組織運営に従事。
Fringe81株式会社に入社、Unipos事業責任者を務める。2017年12月、Unipos株式会社代表取締役社長に就任。2019年4月には、Fringe81株式会社の執行役員に就任。
過去起業時のチームづくりの経験と、上場企業経営者の視点を合わせながら、多様な個性を持つ東京本社・ドイツ子会社総勢80名以上のメンバーを率いる。
組織づくりのモットーは「自律的な意思決定を促す権限委譲」

利用ツール

Zoom

青木 規至 氏
日本電気株式会社
デジタルプラットフォーム事業部 エキスパート

斉藤 知明
Unipos株式会社 代表取締役社長
Fringe81株式会社 執行役員

本ウェビナーは受付を終了しました

【ウェビナー受付期間】
2020/9/9
(水) 17:00まで