Unipos公式サイトへ

ウェビナー概要

テレワークが定常化する中で、事業責任者や人事を担当されている方の中には、組織が分断へと向かうことが懸念される、今だからこそ、縦割り組織を越えて部署間の連携を高めることに使命感や課題感を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そこで本ウェビナーでは、パナソニックで人事として人材育成や組織活性化などに携わりながら、大企業の若手・中堅有志社員の実践コミュニティ「ONE JAPAN」の立ち上げを行った濱松氏をお招きし、テレワークという外部環境の変化を、組織が分断する危機から結束する機会に変えるために何をすべきかについて、空気感の醸成や社内の巻き込み方など経験にもとづいた知見をお話いただきます。
実践的な学びをお持ち帰りいただける貴重な1時間となっています。ぜひ、皆さまをお誘い合わせの上、ご参加ください。

このような方におすすめ

  • テレワークが長期化する中で、部署間のつながりが希薄化してサイロ化が深刻になると課題を感じている方
  • 縦割り組織を越えて、部署間の連携を促進し組織を活性化させたいと考えている方
  • 離れて働く従業員同士を連携させて事業スピードを向上させたい方
  • 事業責任者や人事としてテレワーク組織の体制づくりなどのミッションをお持ちの方

プログラム

  1. テレワーク組織の水面下で進むサイレント分断は、危機か機会か?
  2. 縦割り組織を解決する”鍵”とは?
  3. 縦割り組織を解決する”空気”のつくり方
  4. Q&A

参加方法・詳細

日程

2020年9月3日 10:00~11:00

登壇者

ONE JAPAN共同発起人・共同代表 濱松 誠氏
Unipos株式会社  代表取締役社長  斉藤 知明

参加費

無料

登壇者プロフィール

濱松 誠 氏
ONE JAPAN共同発起人・共同代表

2006年パナソニックに入社。マーケティング、人事、ベンチャー出向などを経てパナソニックを退職。 本業の傍ら、2012年に組織活性化とオープンイノベーションをねらいとした有志の会「One Panasonic」を立ち上げる。 2016年、NTTグループやトヨタなど、大企業の同世代で同じ課題意識を持つ者たちを集め「ONE JAPAN」を設立、代表に就任。現時点で約50社・2000名の有志が参画。企業間の共創や社内起業家育成、働き方意識調査など、挑戦の文化をつくる活動をしている。
2019年6月から夫婦で約1年間世界一周。5大陸52ヵ国116都市をまわり、現在は起業準備中。
ONE JAPANとして2016年に「仕事はもっと楽しくできる 大企業若手50社1200人 会社変革ドキュメンタリー」(プレジデント社)を上梓。また、内閣府主催「第1回日本オープンイノベーション大賞」、日本の人事部「HRアワード 特別賞」等を受賞。 日経ビジネス「2017年 次代をつくる100人」に選出。

本ウェビナーは受付を終了しました

【ウェビナー受付期間】
2020/9/2
(水) 17:00まで

Copyright ©︎ 2017 Unipos Inc.

定員

500名

内容は一部変更になる可能性もございます

斉藤 知明
Unipos株式会社 代表取締役社長
Fringe81株式会社 執行役員

東京大学機械情報工学専攻。学業の傍ら株式会社mikanにて、CTOとしてアプリ開発・組織運営に従事。
Fringe81株式会社に入社、Unipos事業責任者を務める。2017年12月、Unipos株式会社代表取締役社長に就任。2019年4月には、Fringe81株式会社の執行役員に就任。
過去起業時のチームづくりの経験と、上場企業経営者の視点を合わせながら、多様な個性を持つ東京本社・ドイツ子会社総勢80名以上のメンバーを率いる。
組織づくりのモットーは「自律的な意思決定を促す権限委譲」

利用ツール

Zoom

濱松 誠 氏
ONE JAPAN共同発起人・共同代表

斉藤 知明
Unipos株式会社 代表取締役社長
Fringe81株式会社 執行役員

見どころ

  1. 社内巻き込みの行う上で、経営層、中間層、若手層にそれぞれどのように働きかければよいのか、そのコツをお伝えします
  2. 縦割り組織を越えて組織の活性化を加速させるコミュニケーションとは何か?その要諦をお伝えします

本ウェビナーは受付を終了しました

【ウェビナー受付期間】
2020/9/2(水) 17:00まで