Seminar / Event

Unipos公式サイトへ

プログラム

  • 2020年、組織で何が起こったのか

  • 働き方改革の潮流とこれからの組織マネジメント

  • ディスカッション~職場の問題地図 2021~

  • Q&A

※内容調整中につき、プログラムは変更になる場合がございます。

© Fringe81 Co,Ltd. Unipos Company

お申し込みフォーム

本ウェビナーは
受付を終了しました
【ウェビナー受付期間】
2021/06/09(水) 17:00まで

組織改革

オンラインセミナー

パーパスはなぜ組織改革の重要な鍵となるのか?パーパス・マネジメントの先駆者がその本質を語る

パーパス・マネジメント

会社や個人の存在意義を起点として事業や組織戦略を導き出す「パーパス」
近年、パーパスの実現は高邁な理想ではなく、実際に企業の健全性や競争力に影響を与えると世界中で注目が集まっています。コロナウィルスの影響で事業・組織戦略が遅延している今こそ、パーパス・マネジメントを元に、有事の時こそ組織力で乗り越える「真の働き方改革」の構築が必要なのではないでしょうか。 
そこで本ウェビナーでは、『パーパス・マネジメント』の著者であり、Ideal Leaders 株式会社 共同創業者 / CHOのコンサルタントとしてパーパスの実現を最前線で支援してきた丹羽氏をお招きします。パーパス・マネジメントの本質的な理解を深めるとともに、パーパス・マネジメントがなぜ企業経営や組織風土改革に効果的なのか?について徹底解説します。

詳細

日時

2021年6月10日   10:00〜11:00

参加費

無料

参加方法

Zoomでのオンライン開催

登壇者プロフィール

丹羽 真理 
アイディール・リーダーズ株式会社 共同創業者 / CHO (Chief Happiness Officer)

詳しく見る

斉藤 知明
Fringe81株式会社 執行役員 兼 Uniposカンパニー代表

詳しく見る

丹羽 真理 

国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。民間企業及び公共セクター向けのコンサルティング、人事部ダイバーシティ推進担当等を経て、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)に参画。
2015年4月、アイディール・リーダーズ株式会社を設立し、CHO (Chief Happiness Officer) に就任。社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。
特定非営利活動法人ACE理事。2018年8月31日に初の著書「パーパス・マネジメントー社員の幸せを大切にする経営」を出版。

斉藤 知明

東京大学機械情報工学専攻。株式会社mikan CTOとしてアプリ開発・組織運営に従事。
Fringe81株式会社入社後、Unipos代表に。過去起業時のチームづくりの経験と、上場企業経営者の視点を合わせながら、多様な個性を持つ東京本社・ドイツ子会社総勢80名以上のメンバーを率いる。組織づくりのモットーは「自律的な意思決定を促す権限委譲」

お申し込みに関するご注意

  • 同じ会社内で複数名でのご参加を予定されている場合には、お一人ずつ当フォームにてお申し込み下さい
  • 本セミナーは自社でプロジェクトを推進される方を対象としております。代理店様・コンサルティング企業様のクライアント様へのご提案を目的にしたご参加はご遠慮いただいております
  • 入力された個人情報は弊社及び共催企業で共同して管理いたします。ご登録いただいた情報は各社プライバシーポリシーに定める利用目的の他、共催企業のマーケティング活動に利用させていただきます
  • フォーム送信後、ページの読み込みに少々時間がかかることがございます。しばらくお待ち下さいませ。

このような方におすすめ

  • 目標が未達の状態が続いており、組織全体に諦めの空気が漂っていると感じている経営者・人事部長の方
  • 組織文化は管理職が変わらないと変えられないと、行き詰まりを感じている経営者の方
  • メンバーの個性を活かし、学びあいを促せるリーダーが少ないと感じている人材開発の責任者の方

みどころ

  • パーパスの本質と企業経営へのメリットが分かる
  • 有事の時にも揺るがない強固な組織づくりの気づきが得られる
  • パーパス・マネジメントを実行するプロセスが学べる
  • 登壇者とのインタラクティブなやりとりを通して組織づくりの気づきが得られる

『パーパス・マネジメント』とは?
働き方改革が叫ばれて久しいですが、いったい何が問題なのか?をそろそろ考え直す時期ではないでしょうか。 そもそも企業理念として設定されている概念――ミッション、ビジョンは、米国では「古い」とされており、それに代わる概念としてパーパス(存在意義)が問われています。 そんないま一番ホットなテーマであるパーパスを日本ではじめて紹介する本書では、根幹であるパーパスと「幸せ」について新しいコンセプトを提示し、CHO(Chief Happiness Officer)という会社を変革していく存在についても述べていきます。